ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立建設設計

概要

大規模な建物や商業ビル、環境に影響を及ぼす施設の計画をする場合は、環境アセスメント(環境影響評価)報告書の提出が法的に義務付けられております。
当社は、これまで海外で行った大規模プラント開発のノウハウを生かし、設計事務所として、環境アセスメント報告書の取り纏めを行います。

主な業務内容

業務フロー

報告書作成業務

法的に義務付けられている環境影響評価報告書の作成をいたします。専門分野の調査が必要な場合は、アライアンスを組んでいる調査会社をつかい報告書をまとめます。

報告書取纏め業務

お客様から依頼した様々な会社の報告を、お客様の立場で一つの報告書に纏める業務を行います。

ページの先頭へ

その他

  • 各種事業に伴う環境影響評価として、調査、予測評価手法の検討(方法書の作成)、現況調査及び予測?評価(準備書の作成)を実施するとともに、住民説明会、環境影響評価審査会などの諸手続きを経て評価書の作成さらに事業着手後の 事後調査まで一貫した取り組みを実施いたします。
    環境影響評価法、環境影響評価条例に基づく環境影響評価の他に、埋立申請、事業認定申請などに係る環境影響評価も行います。
  • 自然環境や居住環境に対する影響をチェックするために、自然保護の為に設定された区域内の建設工事、再開発や高層ビル等の大規模な建設事業、環境を損なうおそれのある施設等の設置の場合には、環境アセスメント(環境影響評価)報告書の提出が法的に義務付けられております。
    日立建設設計は、環境問題を重要な課題と考え、環境への配慮をテーマに設計業務を推進している総合組織建築設計事務所として、大規模プロジェクトにおける環境アセスメント報告書の作成業務も設計業務の一環として行っております。

ページの先頭へ

関連するソリューション

日立建設設計は、お客さまが「建設」において直面されるさまざまな課題に対して最適なソリューションを提供しています。

お問い合わせ先

03-6757-7100

お問い合わせフォームへ

妈妈的朋友电影/在线看人与动人物A级毛片/玉米视频/六六影视